発症が増えているプチうつ病を知る【すぐに診断を受けることが大切】

サイトメニュー

ゆっくり休もう

割れたハート

頑張らなくていいんだよ

気持ちがしんどくなって心療内科や精神科に行き、うつと診断され、薬物療法などで治療された後、気を付けることがあります。それは、頑張りすぎない、嫌なことはしない、不快な環境には行かないことです。(不快な環境が家庭の場合もあり、すぐ移動することが難しいケースもありますが)一度うつと診断され治療しても再発することがあります。プチうつ状態が続くこともあります。そもそもの、プチうつになる原因を取り除くのが効果的なのです。例えば職場の仕事の業務と人間関係、両方に苦しめられ、発症したというのであれば、それはもう転職した方がいいのです。どちらもしんどいのに、その職場に行く理由なんてありませんよね。治療が終わったからといって元の職場に戻ろうとすると、またしんどくなってしまいます。環境を変えるのがストレスに感じることもあるかもしれませんが、環境を変えた方がいい場合も多いのです。再び、元気だったあの頃に戻る必要はありません。自分が楽にいられる環境というのは必ずどこかにあります。焦らずのんびりいきましょう。毎朝起きられなくなった、夜眠れなくなった、食欲がわかない、身なりに気をつけなくなった、趣味を楽しめなくなった。もしかして、と悩み心療内科や精神科に行き、うつと診断されることがあります。うつの症状でも症状の重さは人それぞれなのですが、プチうつと診断された場合も重いうつと同様、ストレスのある環境や状態から一旦逃げることが大切です。プチうつだからまだ大丈夫、頑張れると言ってそれを放置し耐え続けると、症状が重くなることがあります。症状が軽い状態でも無理をせず、周囲にそのことを話せる人がいたら話した方が楽になるでしょう。しんどさを1人で抱え込むことほど、結果はよくならないのです。自分なりのリラックス方法を見いだせると良いでしょう。朝に「しんどい」と感じたら学校や職場を休んだり、もし行けたとしても無理せず、休憩時間に瞑想するなり、あらかじめアロマオイルを少しつけたハンカチのにおいを嗅ぐなどリラックス方法はたくさんあります。まず無理をしない、そしてリラックスすることを心掛けてください。

Copyright© 2018 発症が増えているプチうつ病を知る【すぐに診断を受けることが大切】 All Rights Reserved.