発症が増えているプチうつ病を知る【すぐに診断を受けることが大切】

サイトメニュー

短時間でも精神症状

院内

見落としやすく女性に多い

社会問題となっているうつ病には、目立ちにくいものもあります。一般的な症状は一日中気分が落ち込んでいることが多いですが、日中は元気で夕方ごろから気分が冴えなくなる「プチうつ病」にかかる人が出ています。症状を患うのは主に女性で、とくにまじめで人の顔を気にしやすい人は注意が必要です。また、生活習慣や環境も関係があり、ストレスを感じやすい状況にずっといる状態だと発症率が上がります。人間関係に満足できていない人や、引越しや転職で周辺が大きく変わった人は、ストレス状態に気をつけましょう。うつかもと感じたら、すぐに診断を受けることが大切です。これがプチと言われるのは、通常と比べて落ち込んでいる時間が短いためで、日中は健常者と変わらないため周囲の人に分かりにくい病気です。短時間と言っても精神症状には変わりなく、治すには精神科で診断を受けることが必要になります。症状のことを話すだけでも快方に向かいます。夕方の変化が大きいため、それが自覚できたら病院へ行くようにしましょう。プチうつ病の可能性を感じたら、セルフチェックを受けてみましょう。インターネット上に無料で診断を受けられるウェブサイトがあり、そこでの結果が通院を決める基準にできます。うつ病では難しい「症状の自覚」につながることもあり、治療に踏み出す足がかりにもなります。プチうつ病の治療は、精神科か心療内科で行います。通院を決めたらまずは予約を入れ、スケジュールを確保しましょう。診断は、主にカウンセリングと質疑応答の二つで行い、それぞれの結果をもとにして症状の判断をします。自分の現状のことを答える質問が多いため、どんな生活をしているかをできるだけ細かく洗い出しておきましょう。症状の回復には、カウンセリングがとても重要です。カウンセリングは現状把握だけでなく原因の解明も行うので、担当医としっかり話し合いましょう。些細なことでも気になれば話すようにします。また、治療方針などで質問があれば、この時に聞いておくといいでしょう。担当医が理解者になってくれることもあり、カウンセリングは治療に欠かせません。お互いに話し合いながら、ゆっくり改善していきます。

自己判断で済ませない

ストレス

プチうつは一般的なうつ病より症状が短期で軽いことが多いため、ストレスや過労のせいと自己診断してしまいがちです。人の目を気にする性格や大きな環境の変化が関連し心身に不調をきたすため、日常生活を送れていても病院で診断を受けるのがお勧めです。

詳しく見る

気分が辛い時の病院選び

診察

プチうつに伴う不快な症状があれば、自己診断は避け早めに病院を受診する事が肝心です。処方された薬はきちんと服用しながら、同時に「心の持ちよう」や「思考のクセ」を変えるトレーニングをする事が長い目で見てうつ症状の改善につながる事が期待できます。

詳しく見る

各々違う心の重み

医者と看護師

プチうつは、二、三日おきに、気分が落ち込みやすい特徴があります。自らの診断内容に、清潔感を保つのに億劫になると危険信号です。薬によっての心の安定は、環境が安全だと本能が学びやすく、徐々にプチうつ状態が緩和されます。

詳しく見る

ゆっくり休もう

割れたハート

うつと診断され、治療が終わったあとも再発し、プチうつ状態になることは多々あります。うつになる、ということは自分の今の環境や生き方が自分には合わないということなのです。人生を見直すいいきっかけになったくらいの楽な気持ちでいてください。

詳しく見る

早期治療が大事

診察

プチうつ病を早期に回復させるためには、しっかりと早い段階から医師の診断を受けて治療に取り掛かることが重要となります。早期に治療を始めることで、病院に掛かるための費用や薬の料金なども安くなることでしょう。

詳しく見る

人気記事

医者と看護師

各々違う心の重み

プチうつは、二、三日おきに、気分が落ち込みやすい特徴があります。自らの診断内容に、清潔感を保つのに億劫になると危険信号です。薬によっての心の安定は、環境が安全だと本能が学びやすく、徐々にプチうつ状態が緩和されます。

割れたハート

ゆっくり休もう

うつと診断され、治療が終わったあとも再発し、プチうつ状態になることは多々あります。うつになる、ということは自分の今の環境や生き方が自分には合わないということなのです。人生を見直すいいきっかけになったくらいの楽な気持ちでいてください。

診察

早期治療が大事

プチうつ病を早期に回復させるためには、しっかりと早い段階から医師の診断を受けて治療に取り掛かることが重要となります。早期に治療を始めることで、病院に掛かるための費用や薬の料金なども安くなることでしょう。

Copyright© 2018 発症が増えているプチうつ病を知る【すぐに診断を受けることが大切】 All Rights Reserved.